証券会社はどこがおすすめ?対面証券VSネット証券5本勝負

収入増




※当ページのリンクには広告が含まれています。

今回は新しく投資を始めようと思っている方のために

証券会社はどこがおすすめなのか?

についてまとめてみました。

この記事を読めば自分に合う証券会社を見つけることができます。

ぜひ一読ください。

証券会社の分類

証券会社には大きく3種類あります。

大手証券会社(全国展開している証券会社)

 例:野村證券、大和証券、SMBC日興証券など

中堅証券会社・地場証券(エリアや地域に根ざした証券会社)

 例:岡三証券、丸三証券など

ネット証券

 例:SBI証券、楽天証券,松井証券など

複合的にやっているところもありますが基本的にはこの3つに分類されます。

このうち①②は店舗があり「人」に対応してもらえる対面証券

③はスマホ内で完結するネット証券です。

対面証券とネット証券ではメリット・デメリットが大きく異なります。


自分にふさわしい証券会社を考えるうえで、
対面がいいのかネットがいいのかは避けては通れない点ですので、
次の章で比べていきます。

対面証券VSネット証券5本勝負

対面証券とネット証券を5つの項目で比べます。

①手数料

この項目は証券会社に「どれだけお金を払わなくていいか」を比べます。

手数料とは投資をする際に「証券会社に対して支払う報酬」のことです。

投資商品を売買する時や持っているだけでかかるものなど
様々な手数料が存在します。

この項目の勝者は、、ネット証券です!!

これは多くを語る必要もないと思います。

対面証券会社の方が「人件費」がかかる分、様々なところで手数料が多くかかります。

②コンサルティング

この項目はその証券会社で「投資の相談ができるか」を比べます。

コンサルティングを受けられるかというのは、
自分から聞かずともいい情報を教えてもらうことができるかというのも含まれます。

この項目の勝者は、、対面証券です!!

ネット証券でもチャットで質問ができたり、動画で勉強ができたりはありますが、
流石に対面証券には勝てません。

投資に関してプロのコンサルティングが受けられるというのが「対面証券」の醍醐味となります。

③手軽さ

この項目は、いろいろな手続きが「面倒ではないか」を比べます。

投資を始めようと思っているとき、
口座開設などの手続き関係が簡単な方が、途中で挫折しにくいです。

また、会社員などの忙しい方からすると「手軽さ」は大事なポイントだと思います。

この項目の勝者は、、ネット証券です!!

ネット証券はスマホで全てが完結するため「手軽さ」という点ではかなり有利です。

表示される案内に沿って進んでいけばだいたいの手続きが完了するので、
自分の好きなタイミングで手続きを行うことができます。

ただし対面証券の方がいい点もあります。

それは「担当者に聞けば教えてくれるので自分で調べる必要がない」という点です。

「自分でスマホで調べたり注文したりするのが好きではなく」て
「電話で聞く方が好き」という方は、

わからない点があれば担当者に聞いてその場で解決するため、
むしろ「手軽」といえるかもしれません。

一般的にはスマホで完結する方が手軽なので「ネット証券」の勝ちとさせていただきます。

④金融商品の多さ

この項目は取り扱いのある「商品の多さ」を比べます。

取引する際に選択肢が多いことはメリットとなります。


この項目は、、引き分けです!!

少し前であれば、

大手証券会社を中心とした対面証券の方が商品の種類が多く、
ネット証券は商品の種類が少ないというのが一般的でした。

しかし今はネット証券の商品種類は拡大して、対面証券に遜色がないくらいになっています。

株式・投資信託・外国株式・ラップ口座・iDeCo・保険、、、

厳密には多少の差はありますが、みなさんが取引する可能性があるような商品において優劣はつけにくいので、この勝負は引き分けです。

⑤その他のサービス

この項目は金融商品以外の「利用できるサービスの多さ」を比べます。

金融商品はどちらも充分にそろっています。

それでは金融商品以外のサービスに関してはどうか?

この項目の勝者は、、対面証券です!!

これは具体的な例で説明します。

例1相続

どなたでもいつかは関係するのが「相続」です。

相続が発生すると期間内に済ませないといけない手続きがたくさんあります。

それなのに相続というのは突然発生してしまうことがあります。

急に発生してどうしていいかわからず、
とりあえず税理士に相談しようと思って相談したら思わず高額だった、、、

みたいな話はよく聞きます。

そんな時でも安心なのが「対面証券」です。

多くの証券会社社員はFPの資格を持っているので、
最低限の知識は備わってますし

  • 相続が発生してどうすればいいか
  • 必要であれば信頼できる税理士さんを紹介する

という風に任せておけば安心できるところが多いです。

対面証券ではここら辺のサービスはしっかり備わっているところが多いですし、
ほとんどのサービスは無料で受けることができます。

例2会社の社長

企業の社長様は様々な悩みがつきないと思います。

その中でもよく相談を受けていたのが「事業承継」「M&A」「節税」の3つです。

金融商品と全く関係の無いような話でも

提携している会社に繋いだり節税の方法を提案したり役に立つのが対面証券です。

結局どこがいいのか

対面証券とネット証券を5項目で比べてみたところ

2勝2敗1分けで勝敗つかずでした。


それぞれ良いところが違い、
一概にどちらがいいと決めるのは困難です。

ではどうやって決めたらいいのか?

答えは「自分に合うところを選ぶ」です。

よく証券会社はここがいい!みたいな記事がありますが

実際は証券会社の良さを考えるだけではなく、

「あなた自身が」そこで合っているかという観点で考えることが大事です。

では一緒に考えてみましょう。

対面証券とネット証券を比べたことで
以下のようなそれぞれのいいところが見つかりました。

対面証券のいいところ

  • プロに投資の相談ができる
  • 担当者に任せておけば手続きなどを進めることができる
  • 相続や事業承継などその他のサービスを受けることができる

ネット証券のいいところ

  • 手数料が安い
  • 手続き関係がスマホで完結できて手軽

これらを踏まえて

対面証券が向いている方

  • 担当者に相談して投資をしたい
  • 手続き関係を教えてもらいながら進めたい人
  • 相続・事業承継などについても聞きたい人


ネット証券が向いている方

  • 自分で投資を進めていきたい人
  • 自分で投資の勉強をできる人
  • 株式を頻繁に売買したいと思っている人


証券口座は一つである必要は無いですし、
慣れてきたらいくつかに分けていくという選択肢もありますが、

最初は一つに絞った方がいいです。

対面証券の選び方

家から近いところかつ大手証券会社」がおすすめです。

基本的には電話でのやりとりになると思いますが、
急ぎの手続きや相談があるときなど、家に近い場所に支店がある方が便利です。

また大手証券会社の方が中堅以下の証券会社よりも研修などの教育が充実しているところが多く、
最初の一社としては大手の方が無難だと思います。

しかし、対面証券では証券会社よりも担当者が大事になりますので、

合わなかったり勉強不足だなと感じたら
担当を変えてもらうか証券会社を変更するというのも一つの手だと思います。


大手証券で優劣はつけにくいですが

野村證券・SMBC日興証券:体育会系で元気がいい人が多い

大和証券:バリエーション豊か、明るい人が多い

みずほ証券:落ち着いた雰囲気の人が多い

のように証券会社ごとに担当者の特色に多少の偏りはありますので、
選ぶ際の参考にしていただければと思います。

※内定者懇親会やインターンなどでの個人的な感想です

ネット証券の選び方


ネット証券は「雰囲気や使い勝手が自分に合うところ

ネット証券も各社でそこまでの差はありません。

主観でいいなと思ったところを選んでいただければいいと思います。


迷う方は、例えば

の3社は知り合いやお客様にも使われている方が多いです。

どうしても合わないと思ったら、
他社に切り替えればいいだけですので気楽に選んでいただければと思います。

終わりに

今回は「おすすめの証券会社」についてまとめてみました。

これから投資を始める方の参考になればと思います。

他にも以下のように「お金を増やす」方法についての記事を書いていますので覗いてみてください。

よく聞かれる投信の疑問6選<投資信託の選び方>

宝くじって結局当たるの??<一発逆転!お金の特殊な増やし方>

コメント

  1. […] 証券会社はどこがおすすめ?対面証券VSネット証券5本勝負 […]

  2. […] ⇒証券会社はどこがおすすめ?対面証券VSネット証券5本勝負 […]

タイトルとURLをコピーしました